いつもの風景が変わる瞬間

vanishing point

PHILOSOPHYT(時間)=関係性

絶対的な時間は存在せず。
生命はまるで一枚の織物のように数多の時間で編まれ。

あなたは時間でできている

過ぎ去ったあの日は今ここと繋がりこの身体に映る。
まだ見ぬあの日は今ここと繋がりこの身体に映る。

あなたが夕日を見る時、あなたと太陽の間に深い郷愁を込めた時間が流れ。
あなたが恋人を見つめる時、二人の間には長い抱擁にも似た温かな時間が流れ。
あなたがあの日聴いたピアノの音色はあなたと歓喜という時間で繋がった。

あなたが幸せな時、きっとあなたは気持ちの良い時間をたくさん持っていた。
あなたが泣きたくなった時、きっとあなたは悲しい時間を持っていた。

時間は流れない。

あなたを中心に無指向無限に広がりその先で必ず何かと繋がっている。
二極間を繋ぐ時間の琴線は常に振動し協和音を奏でる。

あなたの心はこの時間の数だけ存在する。
そしてそれぞれが思い思いの脈を打ち、心が創りだす空間に
あなたという確固たる生命が映し出される。

もしあなたがこの無数に存在する時間の一つ一つを大切にすることができたなら
もっと自分を愛せるようになるかもしれない。

優しい時間で編まれた世界はきっと素晴らしい世界だ。

BEYOND FREEDOM自由に満ちた身体が誘う
心躍る毎日

BODY & MIND TUNING体と心のチューニング

その音は意識の外側で小さく鳴った。

音は心という光の中を漂い、心という闇の中で揺蕩ううちに
奔放に重なり、思い思いの音色で聴き慣れたブルースを刻み始める。

苦味を帯びた悔しさ
放り出されたような孤独
切り裂かれるような失望
あの瞬間に感じた痛み
漠然とした憂鬱

身体に染み付いた痛みを伴うリズム
意識の中に広がる群青色の思い出と感情の渦

僕らはブルースを抱きしめながら
記憶の中の音の軌跡を辿る。

仄暗いまどろみの中で見つけた原初の音。
そっと手を差し伸べ澄んだ眼で微笑みかけると
痛みを伴う郷愁は嬉しそうにほころんだ。

そして世界に無垢な安寧が訪れる。
音は次第に虚な波に変わり空間に溶けていった。

PLURIVERSE ANATOMY多元的な解剖学

静寂を見つめていると浮かび上がる世界。
多元に広がる時間の束が写る水面、揺らぎ動き留まらず。
事象に因果はなくただ時間の束だけが折り重なるように混在する。

境目はあるようでない。

時折 瞬くように起こるノイズは時間たちが生きている証。
幾重にも重なり混ざり合った時間は一つの象を紡ぎ出していた。

空間の中に漂う時間を掬い上げ、一つ一つを選り分ける。
じっくりとその糸のように細い時間を眺めていると浮かび上がってくる物語。

物語が語りかけるままを観察し、そっと子供をあやすように触れていると
時間は艶やかに、柔らかに変化する。

あたかも完璧に調律された弦楽器の音色のように。

この世に真実は存在しない。
ただ私は、ここにはそれに近いものがあるように思えてならない。

それは独りよがりの錯覚かもしれない。
しかし、そこには時間たちの脈動が、手触りが、私に命を感じさせる何かが確かに存在する。

きっと私はこの場所から世界を観ることが好きなんだと思う。

MONADIC FORMAT × PHENOME-GRAPH モナディックフォーマット × フェノメグラフ

大きく横たわる重力場の揺らぎの中で星々が水鞠のように飛び跳ねる。
星たちの軌跡を辿り行き着くは身体に刻まれた原初の記憶。

少年の好奇心が招いた小さな冒険、10代の頃に味わったあの苦い経験、
あの人にもらった温かい心、迷い、苦悩、喜び。

全ては星の気まぐれに過ぎなかった。

行き詰まった劇作家の描いた戯曲のように稚拙で不条理。
とるに足らない舞台劇。

しかし、瞬く星々の間をくぐり抜けるとそれは朧げに見えてくる。
無垢で取り留めのない、安らぎに満ちた揺らぎの象。

何にも縛られていなかった頃の記憶。
そこにはあるがままの自然が横たわる。

多相世界の風景

point at infinity

Lab

なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?
Why is there something rather than nothing?

宇宙は問いで生まれ、問いで広がる。

膨よかなカオスは多くの可能性を含み、
より洗練されたコスモスを形成する。

僕らは答えを求めない。
ただ世界を観察し疑問を繋いでいく。
健全なカオスを創造するために。

BLOG
Profile

円環 代表 柳木 俊介

中国雲南省中医大学卒業。
在学中から呂光栄老師をはじめとする多くの中医師の元、中医学(鍼灸、 漢方、推掌、気功)の修行を重ねる。
卒業後、一年半の雲南省中医医院での実習を経て2013年に帰国。
その後、独自の研究を重ね中医学、現代医学、気功を融合させた療術、“身体調律”での施術活動を開始。
現在、東京、長野、新潟を中心に治療活動を展開中。

CONTACT